Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c8966192/public_html/ego--ist.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
10000時間の法則を検証しよう! | 逆転人生 

10000時間の法則を検証しよう!

このブログでは、僕が一流のデータサイエンティストになるまでの過程を残し、同じ道を目指す人に少しでも参考になればいいという思いで書いていきます

僕は10000時間を使い、データサイエンスのプロになりたいと考えました

具体的にどのようになるのかと、10000時間の法則についても解説していきたいと思います!

10000時間の法則とは

10000時間の法則とは、ある一つの分野でプロレベルになるためにはおよそ10000時間を費やす必要があるというものです。

10000時間って、1日3時間やっても10年、毎日10時間やっても3年かかる計算です

そう考えると気の遠くなる数字ですよね笑

これが本当か気になったので、じゃあ自分がやってみればいいじゃないか!という結論になりました。

やりたいと思った理由

10000時間なんて、並大抵の覚悟では達成できる数字ではないと思っています。

それでもやりたいと思ったのは、「退屈な毎日を変えたいと思ったから

これが一番大きな理由だと思います。

今年、大学生になることができたのですが、思っていた大学生活とは違っていました

もちろん友達と会って遊んだりするのは楽しいのですが、自分の人生がただ遊んで終わってしまう気がしたんです。

前期が終わるのもあっという間でした。

このまま平凡なまま終わる人生もそれはそれでいいと思います

それでも僕は大きなことを成し遂げたい、ダラダラしたままでは嫌だ

そう思ったんです。

だからチャレンジしてみようと思いました。

具体的にどうなりたいのか

じゃあデータサイエンティストのプロって何?って聞かれたらどうするのか

結論から言うと今の僕にはわかりません

いやわからんのかいって思いますよね笑

データサイエンスの領域が広く、実務もやったことがないので、データサイエンスについての全体像についてもあまりわかっていないのが現状です

それはやっていくうちに答えを出せたらいいと思いました

このブログについて

このブログでは、

①データサイエンティストになるためにやったことの記録

②その過程で役に立ったこと

③日記

この三つについて書いていこうと思います

①は10000時間の法則の検証、②はブログの記事、③は僕の日常をかけたらいいと思います

長い時間かかると思いますが、それでも諦めるつもりはありません

新しい刺激が欲しい、と言う自分のエゴに従って行動していきたいと思います

どうか応援よろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました